台風のスピリチュアルな働きと浄化 〜自然界の龍や地球の営み〜

こんにちわ〜 touko(桃子)です。

8月に入って いよいよクライマックスのライオンズゲート期間、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

宮崎では連日の虹や龍雲の出現、お祭りや花火大会など ワクワクするイベントと同時に 台風6号もようやく通り過ぎ、台風7号も接近中です。

そんな花火大会では、時折降る土砂降りの中ずぶ濡れになりながら、感動した皆さんがお互い会話したり喜び合ったりする様子は 何か贈り物にも似ていて、それが人から人、そして宮崎へ、もっと外側へと広がっていくような暖かさを感じました。

台風6号は人命に関わる被害は無かったようですが、引き続き台風や大雨に備え気をつけてお過ごしくださいね。

近年は、地球の気候変動に伴う自然災害の大きな被害が 世界各地でニュースになっていて 心が痛みます。

今回は、日本に上陸する『台風』について、その見えない働きと、それに関わる自然の営み、龍さんたちの事を、わかっている範囲でお届けします。

台風の地球上の働き

台風やハリケーンは、赤道辺りの海上で発生するらしく、地球の川や土地を大量に潤し、大気や海をかき混ぜて循環させます。

海流や気候、数え切れないほどの働きがあると思いますが、そこには海のもの、山のもの、様々なものを隅々に行き渡らせるための、破壊と再生のプロセスあります。

大なり小なり被害が出てしまう台風ですが、日本にもし台風が来なければ、四季が美しく変化すること、その恩恵や海幸山幸も、今ほど頂けないのかもしれません。

実際、台風が来る度に空気が冷やされ、空気が変わるのを感じていらっしゃると思います。

宮崎県は自然がたくさん残っているので、その変化がはっきりとわかる土地柄です。

地球、テラの女神さま

衛星ひまわりの『台風7号 』202308111500

地球で起きることは、星自体の営みだと思われるかもしれませんが、占星術の世界では恒星や惑星にギリシャ神話の神の名を付け神格化しているように、古来より星には意識体があり、星の神さまが動かしている、というスピリチュアルな的な見方があります。

地球は"ガイア"や"テラ"と呼ばれている、水の豊かな"大地の女神さま"です。

そして地上の営みや森羅万象、例えば地軸や大陸が移動するような大きな噴火や地震、地形の変化するような大きな嵐や台風などは、女神ガイアが決定や指示されて、地球という御神体にお仕えするような大きな大きな精霊たち、例えば龍神さまたちのような存在が働いていらっしゃるようです。

衛星ひまわりの画像をお借りしたので、雲の動きをご覧ください。

龍さんに見えていますか

日本と龍との繋がり

日本は火山があり地震活動も活発で、水も多く台風の通り道なので、『龍』との繋がりが強い場所ですし、自然界には龍さんがたくさんいらっしゃるようです。

そして日本は島そのものが龍の形をしている 『龍体』 なのだと言うことを、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

日本は古来より水のある場所や山、神聖な場所などに祠を建てて 龍神さまや自然界の神様をお祀りし自然や神聖な存在たちとの繋がりを大切にしてきた 信仰の厚い国民です。

ちなみにこちらのお写真を撮った時、気配がしてベランダに出たとたん黄色い蝶が来ました。

空を見上げると大きな龍さんの気配があり羽衣のような彩雲がたなびいていて、あたりが明るくなっていくと言う幻想的な風景を見ることができました。

まとめ

日本では むかし話によく出てくる緑の龍、『千と千尋の神隠し』に登場する白龍、漫画の『ドラゴンボール』の龍なども有名ですが、来年2024年は12年に一度の『辰年』です。

今年秋以降、いつにも増して大注目の『龍』さんなので、ぜひ龍神さまがお祀りされている神社へ行かれたり、自然界の龍さんたちを感じてみたりしながら、地球でたくさんの働きをしてくださっていること、日頃の営みや恩恵に感謝をされて、龍さんたちとの交流やご縁を深めてみてください♪

タイトルとURLをコピーしました