ビッグモーターの不正発覚から学ぶ、占星術でみる『風の時代』の経営

立秋を迎え、お盆ですねー。

人生には何かをリセットしたり新しい準備を整える時期があります。

私も去年からそのような時間の"間"に居るようで、試行錯誤中のセラピスト、toukoです。

7月、ビッグモーター (BIGMOTOR) の様々な不正や、代表兼重社長辞任のニュースが流れました。

兼重氏は、一代でこれだけの規模の会社を作り上げた方なので、社長退任というのは人生の一つの大きな節目、リセットになると思います。

占星術で風の時代に入ったと言われる今、兼重氏が今どような時期なのか、経営者さんの一例としてホロスコープを見てみました。

面白いサビアンもありましたので、どうぞお楽しみに〜♪

兼重宏行氏のソーラーサイン・チャート

兼重宏行氏のホロスコープ
BIGMOTOR
(元) 代表取締役社長 兼重宏行さん

出身 山口県岩国市南岩国町
生年月日 1951年9月13日

山口県と言えば、明治維新で有名な長州藩、安倍晋三元首相や、伊藤博文、吉田松陰など歴史上の偉人も多いです。

修学旅行で、カルスト大地や鍾乳洞へお邪魔しましたが、大地が岩盤に独特のエネルギーがある不思議な場所で、また行ってみたいと思う素晴らしい場所でした!

兼重宏行氏の天体度数とサビアンシンボル

【 兼重宏行氏 】
天体のサビアン度数とシンボル

太陽 乙女20度 An automobile caravan.
(自動車のキャラバン)

月 水瓶座 ※月の度数は生まれた時間によって変わるので、省略します。

水星 乙女2度 Two angels bring protection.
(2人の天使が守りをもたらす)

金星 乙女5度 A man dreaming of fairies.
(妖精の夢をみる男)

火星 獅子17度 A nonvested church choir.
(権利のない教会の聖歌隊)

木星 牡羊12度 A flock of wild geese.
(雁の群れ)

土星 天秤4度 A group around a campfire.
(キャンプファイヤーを囲むグループ)

天王星 蟹14度 A very old man facing a vast dark space to the northeast.
(北東の広大な暗い空間に面した老人)

海王星 天秤19度 A gang of robbers in hiding.
(潜伏中の強盗団)

冥王星 獅子21度 Chickens intoxicated.
(鶏は酔っている)

※ 全てのサビアンシンボルは、Marc Edmund Jones とElsie Wheelerの原文を使用しています。また、訳は意訳せず、Google翻訳で訳すのみにしています。

兼重氏の人生の目的や才能

兼重氏は、太陽、水星、金星が、地のサインの乙女座、月は生まれた時間に関わらず水瓶座です。

ご自身の確かな感覚を大切に一つ一つ積み上げていく、現場や実務に強いとても頭の良い人のようです。

また、物事を細分化していく事、目に目えない分野にまで気づけることを得意とされています。

特に若い頃は、時代が何を必要としているのか先見の明もあり、その自身の感覚を頼りに動く事で、必要な事や知識を体得されたり、

心の中での最終的な理想は、理念や心を許し合える家族や仲間、同志たちと結ばれたコミュニティのようなものを目指されていた意識がホロスコープのあちこちにみられます。

太陽のサビアンシンボル

サビアンシンボルを見て、お気づきでしょうか?

占星術では、太陽が示すのは"人生の目的や達成したい自分自身"です。

兼重氏の太陽のサビアンは、

乙女20度 An automobile caravan.
(自動車のキャラバン)

キャラバンというのは、元は砂漠や平原をラクダに売りモノを乗せ連なって移動していた隊列の事です。

兼重氏が作り上げた会社では、商品の"車が並ぶ様子"が見られます。

兼重氏が、ご自身のサビアンシンボルを知っていらしたのでは!、と思いたくなるほどぴったりの人生の目的を1つ達成されていらっしゃるのですね。驚きました。

中年期に成し遂げた事

ご本人のパーソナリティーは、独創的でゴーイングマイウェイになりやすい面もあり、もし人生の中で修正されていない場合、周囲とご自身とのズレがだんだん大きくなります。

30代は主に会社の発展に熱心で、ご自身であちこち動かれ、40〜50代は、支社を広げ影響を及ぼしていくために、自身の持つ理念でもって動くチームを作る事、社員を集めたり育成されていたのではないでしょうか。

余談になりますが、お母さまが何かしらの活動や仕事でお忙しく、幼少期の兼重氏が「がんばらなければならない」とか「認められたい」と言うようなプレッシャーを感じていた場合、母親へのコンプレックスなどが隠れている可能性があります。

親子の仲がどうだったのかは分かりませんが、そう言う影響があった場合は、離婚経験がおありかもしれません。

現在の運気

兼重氏の進行のチャートでは、冥王星と、そして 2022年9月10日にご自身の太陽が、30年ぶりに蠍のサイン射手のサインへ移動していることから、2021年9月14日頃には、蠍の太陽の移行期、リセット期に入られています。

ビッグモーターの不正発覚は内部告発によるもの らしいのですが、その最初のタイミングは2021年の秋だったそうなので、兼重氏の移行期にドンピシャです。

今回の不正発覚、内部告発も、これはもう移行せざるを得ない、もうこのままのやり方では無理ですよ〜と言う、宇宙からのお知らせだったのかもしれません。

現在の太陽は、2023年3月8日に射手の2度に進み、サビアンシンボルは、

射手2度 The ocean covered with whitecaps.
(白波に覆われた海)

海は私たちの源、潜在的な集合無意識、意識が還る場所です。

2023年3月〜の約一年は、多くの方の意識やメディア翻弄されて、それをご自身の力でどうにかするにはあまりにも、この出来事や世論は大きくなってしまっている様子です。

自然の摂理で、嵐が来た時には備えて通り過ぎるのを待つしかありませんが、今回の出来事は備えるというよりは、嵐が来るたびに改善しなければならない事が多そうです。

これだけの大きな会社が長年行ってきた事を、修復し改善するとなると、関わる方々の生活、経済や雇用への影響が 最少となることを祈ります。

『地の時代』から『風の時代』の経営へ

・2019年12月 新型コロナの出現 (風の時代への移行期スタート)

・2020年12月22日 木星土星水瓶サイン(風のサイン)でグレートコンジャンクション(合)

・2023年3月24日 冥王星が水瓶座(風のサイン)へ移動 (風の時代の本格始動)

今年2023年は、冥王星の水瓶サイン入りで、完全に風の時代入りしたと考えられています。

風の時代とは何ぞや、と思われる方はどうぞこちらをご覧ください♪(と言いたいところですが、まだ執筆未完成です。)

兼重氏は、太陽、水星金星が乙女♍️のサインです。

乙女のサインは、水星に支配(ルーラーシップ)、守護されていて、対物的な方面の物事の処理能力、判別判断、整理整頓、仕分けや細分化するエネルギーです。

また、兼重氏の土星はイグザルテーション(高揚)の天秤のサインなので、内と外のバランスを保ちつつ具現化する力を持っていらしたはずです。

兼重氏は、『地の時代』にマッチしたものを提供できる方だったし、地の時代から『風の時代』へとバトンを繋ぐ位置にいらしたと思われるのですが、いつのまにか会社の体制は、地の時代に良くある『見えない力』へ偏りすぎていたのかもしれません。

新しい風の時代では、秘密を持ちすぎる事、関係が固定しているような事、癒着などは、元からですがもってのほかで時代遅れです。

もっと現場の声を先入観なく拾う必要があったのかもしれません。

地球という星は、地のエレメントEARTH)なので、形あるもの、物質が消えてしまうことはありません。

ただこれから240年かけて、地の時代に求められていたような経済優先で、固定された働き方や考え方、パワーゲームや経営は、だんだん受け入れられなくなっていきます。

まとめ♪

今回は『地の時代』、一代でBIGMOTOR という大きな会社の創設された、兼重社長さんのホロスコープを、拝見させていただきながら、今がどんな時期なのか、読ませていただきました。

兼重氏は、独創的な勘やビジョンをお持ちで、生まれ持ってきた商才を遺憾無く発揮されてきた、という印象をとても受ける方でした。

私たちは、1人1人が才能を天から受け継いでこの世に生を受けます。そして必ず、その才能で輝くことができます✨

もし、私の才能って? 私が生まれてきた意味ってなんだろう、とあなたが思っていらしたとしたら、ホロスコープを読んだり学んだり、スピリチュアルリーディングを受けてみられてはいかがでしょうか?

目に見えない世界を、ぜひご一緒しましょう♪

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました